塗装箇所や状況によって使用する塗料は違います

塗装箇所や状況によって、使用する塗料の種類が違うのはご存知でしたか?

例えば、塗装箇所に屋根が含まれている場合、注意が必要ですよ。
屋根にはペンキ(オイルペイント、OP)や合成樹脂調合ペイント(SOP)は使わないといった注意点があります。

次に、下地の状況や周辺環境はどうでしょう?
ヒビや破損などの修繕が必要な場合、弾性力の高い「下塗り塗料」を行いましょう。
しかし、集合住宅地であれば「油性塗料」や「吹き付け塗装」は使いづらくなってしまいます。

・吹き付け塗装が使いづらい場合、飛散対策が必要
・溶剤にシンナーが使いづらい場合、臭い対策が必要

こういったポイントを守って施工することが大切です!

【代表直通】 090-5672-5459
【電話番号】 072-767-7755
【受付時間】 8:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 三田市・川西市・宝塚市・猪名川町を中心に阪神間対応


一覧ページに戻る