もし外壁塗装後に不具合が発生したら?

外壁塗装の施工完了後、もしも不具合が発生してしまったらどうしたら良いのでしょう。
今回は、施工後の対応について解説いたします。

・塗装後に不具合が発生したら?
外壁塗装工事の不具合はすぐに発生するとは限りません。
塗装が正しい工法で行われていなかったり、塗料が正しい基準塗布量や希釈率で作られていなかった場合、塗装が剥がれたりなどの不具合が発生します。
このように塗装業者の過失により、不具合が発生した場合、当然塗り直しを依頼しましょう。
ただ、塗装の剥がれ、膨張、光沢のムラなどの問題は施工完了後、すぐに発生するものではなくだいたい発生までに1年ほどかかります。
そのため、施工後の仕上がりが良いからといって油断してはいけません。

不具合発生の対策として、契約前に保証があるのかをしっかり確認しておきましょう。
また、保証期間以外に、免責事項や保証対象外の事項も重要なチェックポイントです。
保証期間は、外壁塗装に使用した塗料の耐用年数に合わせるのが一般的です。
塗料の耐用年数は、シリコン系塗料の場合約10年、フッ素系塗料の場合約15年が目安です。

・外壁塗装において重要なのは業者選び
素人にとって、仕上がりで手抜き工事かどうかを判断するのは難しいものです。
そして、1年後に塗装が剥がれても「塗装業者の過失」という判断もしにくいでしょう。

外壁塗装において業者選びは非常に重要です。
信頼できる業者なのかを自分で判断するためにも、塗装の工法や塗料などの知識を深めることもトラブルを回避する1つの手段なのではないでしょうか。

【代表直通】 090-5672-5459
【電話番号】 072-767-7755
【受付時間】 8:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 三田市・川西市・宝塚市・猪名川町を中心に阪神間対応


一覧ページに戻る