外壁塗装における塗り方の2大工法、その特徴とメリットとは?

外壁の仕上がりをキレイをするには、2つの塗り方を駆使して、塗料の効果を最大限に発揮させる必要があります。
外壁塗装における、工法は以下の2つです。

☑ローラー工法
☑吹付け工法

キレイな仕上がりを実現するには、これら2つの工法の特徴をしっかり理解する必要があります。
今回は「ローラー工法」「吹付け工法」の特徴とメリットをご紹介いたします。

・ローラー工法

ローラー工法はその名の通り、ローラーを使用して外壁を塗る工法です。
ローラー工法は、塗料の飛散が少なく、コストが抑えられるのが特徴です。
技術の高い職人が行えば、ムラのない仕上がりが期待でき、とてもキレイな仕上がりになります。
凹凸の多い外壁や細かい箇所は、ローラーよりも細部に対応できる刷毛を使って塗装します。

・吹き付け工法

吹き付け工法は、スプレーのように塗料を吹き付ける工法です。
吹き付け工法のメリットは、施工時間の早さにあります。
噴射型の専用の工具である「吹付機」を使用するため、一度に広範囲の塗装が可能。
また、模様が描けたり、重厚感を出せるなど、デザイン面においても効果を発揮します。

今回は、外壁塗装における塗り方の2大工法の特徴とメリットついて解説いたしました。
外壁塗装を行うのに、「ローラー工法」「吹付け工法」どちらも欠かせません。
これらの工法の良さがそれぞれ活かされることで、最高の仕上がりが実現されます!

【代表直通】 090-5672-5459
【電話番号】 072-767-7755
【受付時間】 8:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 三田市・川西市・宝塚市・猪名川町を中心に阪神間対応


一覧ページに戻る