屋根塗装

■ 屋根塗装の劣化に気づかず放置していると……

屋根は外壁以上に直射日光や雨の影響を受けるため、塗膜の劣化が激しい場所。ですが、どれだけ劣化しているか?ということを把握している方は少ないのではないでしょうか。

屋根塗装の劣化を放置していると、外壁同様、建物内部に雨水が浸入するようになります。
建物内部に雨水が浸入すると外壁内部の劣化が進行。建物自体が腐食し、雨漏りにつながりシロアリ発生の原因となることもございます。

屋根は外壁とは違って真上から直接雨の影響を受けるため、その被害が拡大するスピードも早いです。長く住むためにも適切なタイミングで屋根塗装を行いましょう。

■ 屋根塗料の優れた機能をご紹介

○ 断熱塗料

熱の伝導を抑える働きをもつ断熱塗料。
夏場は外気の熱をシャットアウトし、冬は室内の熱が外に逃げるのを防ぎます。

○ 遮熱塗料

太陽の近赤外線を反射し、室内の温度上昇を防ぐ働きをもつ遮熱塗料。
屋根の表面温度上昇を、最大で10度~15度も抑制する製品があります。

○ 低汚染型塗料

排気ガスや酸性雨、砂埃などで付着する汚れを防ぐ低汚染型塗料。
美観性と耐久性を長く保つことができます。

○ 光触媒塗料

カビや排気ガスによる汚れを防ぐ光触媒塗料。
外壁に付着した汚れを紫外線で分解し、その汚れを雨で洗い流すことができます。

○ 防カビ・防藻塗料

防カビ・防藻材を添加した塗料。
カビや藻はそれ自体が多くの水分を含んでいるため、外装材を痛める直接の原因になります。
日当たりの悪い立地などでは、特にカビや藻が発生しやすいため、この塗料がおすすめです。

【代表直通】 090-5672-5459
【電話番号】 072-767-7755
【受付時間】 8:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 川西市・猪名川町を中心に阪神間対応

一覧ページに戻る